ホームページ作成する院長が、メールフォームページを作ろうとした話。

今回、ホームページを閲覧してもらった方の利便性を向上させようとお問い合わせページをメールフォームの形式にしようとしました。
しかしながら、今回はメールフォーム化の採用を見送りました。

その理由を2回に分けてブログに書いていこうと思います。
今回、ホームページに導入したところまで
次回、メールフォームを採用しなかった理由
このような感じで書いていこうと思います。

メールフォームとは

メールフォームとは、Webサイトに埋め込まれたフォームに直接メッセージを入力して送信できる仕組みです。
下の写真のような画面をいろいろなホームページで見たことがありませんか??
このような画面をメールフォームと言います。

メリット

メーラーを起動しなくていいので、ユーザーが気軽にお問い合わせできます。

デメリット

スパムメールが増えることがあるそうです。

フォーム:定型や形式と言った意味です。ここでは、画面に直接入力といった意味でいいと思います。
メーラー:YahooメールやGメールのことです。

Word Pressでメールフォームを実装する

Word Pressでメールフォームの形式にするには、「Contact Foam 7」というプラグインを使うと簡単に実装できます。

「Contact Foam 7」でメールフォームを作ってみた。

プラグイン画面からダウンロードします。

ダウンロードしたら、下の写真のようにダッシュボードに、「お問い合わせ」というところを選べるようになります。

「お問い合わせ」をクリックすると下の画面が出てきます。

「コンタクトフォームの編集」画面の文字が反転している、コードを固定ページに貼りつけるだけです。

貼りつけた固定ページの画面が下です。

お問い合わせページが出来上がりました。
なんだ、簡単じゃんと思いました。
でも、最初にも書いた通り、今回はお問い合わせページのメールフォーム化を採用しませんでした。

その理由については、次回のブログに書きたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。