夏休み!まちゼミkids「親子でできる!子どもの運動能力を引き出す遊び」という講座を開催しました。

にしからかわ接骨院は岡山北商工会が主催する
得する街のゼミナールin 岡山北 夏休み!まちゼミkids
に参加させていただきました。

「親子でできる、子どもの運動能力を引き出す遊び」という講座をzoomを利用してオンラインで開講しました。

講座のテーマとして、「運動をもっと好きになってもらいたい」という思いを込めて講座の内容を考えました。

講座を開講するに至った思いについては、前のブログに書いています。

まちゼミkidsに参加します。「親子できる!子どもの運動能力を引き出す遊び」を開講します。

ただでさえ、だんだんと運動(身体を動かす)機会や場所が減っていて、身体の発達発育に影響があらわれていた所にコロナ禍の自粛です。このコロナ禍の自粛生活が子どもたちに与える影響について、本当に心配しています。

その心配についても前のブログで書いています。

まっすぐ走れていない子どもが増えている理由と対策

五輪を見てスポーツをやりたくなった!なら、やってみよう!なぜなら、子どもは天才だから!

講座の様子は

座布団の上で木になってバランスをとる運動
カエルやワニなどの動物のマネをした体操

などなど、たくさん身体を動かしてもらいました。

参加者からは、
「動物になって動いてみて面白かった」
「綱引きや輪投げが楽しかった」
と嬉しい感想をいただきました。

初めてのオンラインで不慣れな点もあり多少のアクシデントがありましたが、しっかり身体を動かしてもらえたと思います。

まだまちゼミの他の講座は開催しています。

にしからかわ接骨院のまちゼミでの講座は終わってしまいましたが、他の講座でまだ受付をしている講座もあります。興味があるものがあれば、お問い合わせをしてみてください。

岡山北商工会「まちゼミ」公式ページ→http://okayamakita.jp/machizemi/

にしからかわ接骨院では、子どもの発達発育の応援をしています。

にしからかわ接骨院には、JCCA(日本コアコンデショニング協会)のコアキッズ体操普及員の資格を保有したスタッフが在中しています。
JCCAでは、赤ちゃんが鳴き声をあげて生まれてから2本の足で立つまでの過程を「発育発達の過程」としてとても重要なモノとして考えています。
その中でも、コアキッズ体操は

赤ちゃんは誰にも教えてもらわなくても、自分で体の動かし方を学習しながら、立って歩けるようになります。赤ちゃんがしている動作には、意味があるんです!!
そのため、これらの動作には子どもの運動能力を引き出すためのヒントがたくさんつまっています!!!

コアキッズ体操は、この動作を元にして作られた体操となっています。
そして、コアキッズ体操はバリエーションが沢山あるので、子どもたちと楽しく遊びながら体を動かすのに最適な運動となっています。

子どものためのコアコンディショニング

運動をするための、運動。子どもの体を動かす土台作りに役立つ運動が、コアキッズ体操です。
「できないから運動なんてしたくない」
こんな子どもたちを減らして、少しでも体を動かすことの楽しさを知ってもらいたいと思っています。
興味がある方は、ぜひ、にしからかわ接骨院までお問い合わせください。

にしからかわ接骨院
086-236-7127

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。