家トレで話題急騰。人気の呼吸トレーニンググッズ使ってみたよ。

最近、テレビなどのメディアで家トレが流行っていますね。
いろいろな番組でも、家トレグッズが紹介されています。
腹筋補助器具とか、ランニング器具とか、エアロバイクとか・・・。

その中で、気になる商品があったので、思わず即購入してしまいました。
その商品は、呼吸トレーニングに関する商品です。

呼吸トレーニングがどれだけ大切かは、別のブログに書いたので後で読んでみてください。

運動不足。コロナ太り。目を背けたい現実に向き合い、簡単・手軽に続けられるトレーニングを始めてみませんか?

今回、①ブレスアッパーと②ロングピロピロの2商品を使ってみたので、その感想を書いていきたいと思います。

①うきうき呼吸エクサ ブレスアッパー

ブレスアッパーとは
昔懐かしのおもちゃ“吹き上げパイプ”の先端に高さ約20cmの筒がついて、エクササイズグッズへと進化しました。フーッと息を吹いてボールを浮かせると、自然とお腹に力が入って、楽しく腹式呼吸エクササイズができます。
株式会社ドリームより転載

 

かんたんポイント

・ボールを吹き上げることはとても簡単です。
・抵抗感なく吹けるので、簡単に空気を送り込めます。

エクササイズポイント

・ボールを上下にコントロール
・長く吹き続けるために

長い呼吸としっかりと体幹を使わないといけないので、呼吸筋や体幹の筋肉のトレーニングになります。また、長く吹くために、口をすぼめながら吹かないといけないので、表情筋のトレーニングにもなります。

良いところ

・分解して洗うことが出来るので清潔
・筒にメモリがあるので、遊び感覚で続けられる
・蓋がついているので、ボールが落ちたりせずに、紛失の心配がないし清潔に使えます
・机の上に置いても吹き口がつかない構造になっているので清潔です。
・手の届くところに置いて置けるので、気軽に気分転換の呼吸エクササイズができます。

呼吸トレーニングレベル  ☆

②ロングピロピロ

ロングピロピロとは
ピロピロこと、懐かしの吹き戻しがエクササイズグッズになって登場しました。紙筒がなんと最長約1mも伸びるため、吹き込みにかかる負荷も大。手軽に腹式呼吸を促し、インナーマッスルをエクササイズできます。
株式会社ドリームより転載

 

トレーニングポイント

・吹いた時に抵抗感があってしっかりと吹かないといけないです。
・吹き込んだあとに紙筒が巻き戻る動作をゆっくりにすれば、体幹トレーニングになります。

もっと効かすために

手を使わずに、吹き口を口をすぼめて支えます。
ピロピロが吹き飛ばないように、口をキュッと締めたまま、空気を送り込みます。

このようにすることで、表情筋も鍛えることが出来ます。

呼吸トレーニングレベル  ☆☆

まとめ

ブレスアッパー

机の上に置いて置けるので、テレワークなど、パソコンなどの机に座っている時間が長い人には向いていると思います。
ボールが無くならないのもいいです。気分転換として呼吸トレーニングが導入できるので、トレーニングを続けられます。
長く吹き続ける練習にはとてもいい器具だと思うので、吹奏楽や歌を歌う方にとても良いと思います。

ロングピロピロ

しっかりと吹きこむために、それなりに吹く力が必要になります。ですので、体幹や呼吸筋をしっかりと使います。
体幹トレーニングとして呼吸トレーニングを取り入れたい場合は、ロングピロピロの方がいいと思います。
ロングピロピロで物足りなくなったら、ロングピロピロストロングもあるのでこちらを挑戦してみてもいいですね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。